1. HOME
  2. 製品情報
  3. 環境機能材料事業
  4. ダイオキシン制御材料TIC

ダイオキシン制御材料TIC

  • 地球とともに
  • 街角や自然の中で

ダイオキシン対策の特効薬

現代の社会は、大量消費、大量廃棄を前提として今日の姿を築き上げてきました。 近年、それに対する警告ともいえる猛毒物質ダイオキシンによる地球環境汚染がたいへん注目されています。

ダイオキシンの発生は主に燃焼に起因します。国内では、廃棄物焼却施設や金属精錬施設等からの排出が大きいと考えられています。

酸化鉄製造の老舗である戸田工業株式会社は、ダイオキシン削減のための対策が希求される中、酸化鉄が本来持っている酸化触媒機能に着目。長年培ってきた技術と合わせて、燃焼室に添加するだけで、ダイオキシンの発生を元から抑えることができる気流搬送式酸化鉄系燃焼触媒TICを新開発いたしました。

TIC

TIC

TICの電子顕微鏡写真

TICの電子顕微鏡写真

ページ先頭へ

TICの酸化触媒活性とは

TICの基本組成は酸化鉄です。酸化鉄には元来、反応する相手物質を酸化(燃焼)させる触媒活性があります。その触媒活性を最大限に引き出したものがTICです。

下図は、TICと通常の酸化鉄の触媒作用による一酸化炭素(CO)から二酸化炭素(CO2)への転化率を比較したデータです。TICは、通常の酸化鉄に比べ低温からの触媒活性が高いことがわかります。一般に、排ガス中の一酸化炭素濃度とダイオキシン濃度には相関関係があることが知られています。

ページ先頭へ

焼却炉におけるTICの作用(模式図)

TICの触媒作用が完全燃焼を促進してダイオキシンの発生を抑えます。

TIC供給機から燃焼室に気流搬送されたTICは、その触媒作用によりごみの完全燃焼を促進。未燃焼炭化水素と一酸化炭素の濃度を低減し、ダイオキシンの発生を抑えます。

次に、TICは燃焼ガスとともに、ガス冷却室そして熱交換器を順に移動していき、消石灰(塩化水素捕捉剤)との複合作用により塩化水素の濃度をより低減させます。そして、集塵器から飛灰とともに排出されます。

ページ先頭へ

TICによるダイオキシン抑制

TICの使用により、焼却炉の立ち上げ時、定常運転時ともにダイオキシン発生量、一酸化炭素(CO)濃度、塩化水素濃度が大幅に減少し、ダイオキシンの発生量は、平成9年1月の厚生省の「ごみ処理に係るダイオキシン類発生防止等ガイドライン」(新ガイドライン)の基準値よりも低い値を示しました。

ダイオキシン測定結果
TIC添加前 TIC添加後 TIC添加後
(活性炭併用)
測定条件 定常運転時 立ち上げ時 定常運転時
ダイオキシン
発生量
(ng-TEQ/m3N)
19 4.2 2.8 0.14
触媒添加量
(対ごみ添加%)
- 0.25
CO濃度
(ppm:12%O2)
121 23 9 7.3
塩化水素濃度
(mg/m3N)
340 36 14 40
ごみ焼却量
(kg/h)
750
  • 測定値は、厚生省の新ガイドラインに基づくバグフィルタ出口の排ガス中の4時間の平均値です。
  • 測定場所:岡山県赤磐郡赤坂町環境センター

ページ先頭へ

TICの5つの特徴

1ダイオキシンの発生を抑制

TICは酸化触媒活性によりごみの完全燃焼を促進。ダイオキシンの発生源となる未燃焼炭化水素を低減し、ダイオキシンの発生を抑制します。

2排ガス中の一酸化炭素濃度を低減

TICは酸化触媒活性により完全燃焼を促進し、一酸化炭素(CO)の濃度を低減します。

3排ガス中の塩化水素濃度を低減

TICと消石灰(塩化水素捕捉剤)との複合作用により塩化水素濃度を低減します。

4簡単な設備対応

既設の焼却炉(EP〈電気集塵器〉装備でも対応可能)に気流搬送式TIC供給機を設置するだけでダイオキシンを低減できます。

5優れた安全性

TICの基本組成は人や動物に無害な酸化鉄であるため、安全性に優れています。

TIC使用イメージ図

TIC使用イメージ図

TIC供給機

TIC供給機(写真は実験実証機です)

気流搬送式TIC供給機は、焼却炉の燃焼室にTICを供給する装置です。既設の焼却炉に設置可能です。

製品に関するお問い合わせは、電話またはFAXにてお気軽にお問い合わせください。

戸田工業株式会社 東京 OFFICE

TEL.03-5439-6040 FAX.03-5439-6045

PDF形式でダウンロードされるマニュアルのデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ページ先頭へ