1. HOME
  2. 研究開発
  3. コア技術

コア技術

コア技術

競争優位性を有する核となる技術

微粒子合成技術

結晶構造や粒子の形状・大きさなどを自由に制御できるナノスケール合成技術

※ナノスケール:10億分の1メートル、原子・分子のスケール

  • 粒子をナノスケールにまで微粒子化する、すなわち比表面積を大きくすることで反応性が高まり、それまでになかった特性や機能を有することが可能となります。
  • このようなナノ粒子は、磁気記録材料、医療用材料、顔料などといった様々な分野での応用展開が期待されています。
  • 当社では、この微粒子合成技術により、酸化鉄だけでなく様々な無機材料へ展開しております。