1. HOME
  2. CSR・環境情報
  3. 調達方針

調達方針

調達方針

当社は、創業以来、常に創造と創意工夫の精神を持ち、研鑽を積み、感覚と感性を磨き、価値の創造を目指してまいりました。当社が世界トップクラスの素材メーカーとして、今後もより一層社会に貢献できるよう、調達方針として以下を掲げます。

「指針」

1. 法令の遵守 :調達に関わる全ての活動において法令を遵守し、公正な取引を行います。
2. CSR :よりよき市民としての責任を認識し、自らCSR活動を行うと共に、志を同じくするお取引先様と連携し、社会貢献を果たしていきます。
3. グリーン調達 :購買取引は、資源保護ならびに環境保全に留意した調達方針を行います。
4. 公正公平な取引 :購買取引は、広く取引市場を開放し、国内外を問わず公平かつ公正な基準にもとづいて行います。
5. 取引先選定 :取引先の品質、価格、納期等を総合的に評価し、また原価低減活動推進、新材料、新技術の提供可能性なども考慮した経済合理性に基づく選定を行います。
6. 購買取引は、常に堅実性を旨とし、投機的な取引は行いません。
7. 購買取引において提供される資料や情報は、厳格に管理いたします。

「紛争鉱物に関する基本方針」

  コンゴ民主共和国及びその隣接国において、反政府勢力による重大な人権侵害や環境破壊が生じており、世界的に深刻な課題となっております。この地域で産出される鉱物(錫、タンタル、タングステン、金)の一部には、これらの勢力の資金源となっているもの(以下「紛争鉱物」と呼びます)があると言われています。
  そうしたなか、米国で成立した「金融規制改革法」(ドッド・フランク法)において、米国上場企業は、「紛争鉱物」の製品への使用状況などについて、開示することを義務付けられました。
  戸田工業グループは、こうした人権侵害や環境破壊に加担する意思はありません。戸田工業グループは継続的に、お客様やビジネスパートナーの皆様、業界団体等と連携を図りながら取り組みを進めて参ります。
  戸田工業グループは、お取引様に対して電子業界CSRアライアンス(EICC)/Global e-Sustainability Initiative(GeSI)により確立された紛争フリー製錬所プログラム※に準拠した製錬所、または、その他の信頼のおける鉱物の採掘から加工、流通の経路を追跡するトレーサビリティプロジェクトにおいて紛争に加担していないと認定された製錬所からの調達をお願いしております。
※ 紛争フリー製錬所(CFS)プログラム:製錬所が扱う鉱物が紛争に加担していない調達源であることを第三者が認定するプログラム。

ページ先頭へ